床矯正について

  • HOME »
  • 床矯正について

床矯正とはどんな治療方法でしょうか

取り外し式の装置でアゴを拡げて、きれいな歯並びに!

正しく咬んで、きれな顔・かっこいい顔になりましょう!

 

アゴを拡げて歯を並べる画期的な矯正治療です。(ヨーロッパからの矯正治療)

床矯正と抜歯矯正の違い

治療前の歯並び

アゴを正しい大きさに拡大して歯を並べます

アゴを正しい大きさに拡大して歯を並べます。

 

歯を抜いて出来たスペースに残りの歯を並べます

歯を抜いて出来たスペースに残りの歯を並べます。

ごく簡単に説明すると、床矯正は、顎を広げ歯の並びを整える歯列矯正のことです。

文字通り歯の土台である顎と歯並びの治療です。

「曲がって永久歯が生えてきた!」
「アゴが小さくて歯が入りそうにない。」
「受け口で前歯が逆になっている?」

たいてい一番最初に歯並びの異常に気付くのはお母さんです。

歯並びの異常に早く気付き、早く治療をすれば意外と簡単に治せるのです。逆にそれを放置するとますます悪くなり、治すのに手間がかかるようになります。

当院では、従来のブラケットをつける矯正治療は苦痛とストレスを与えてしまうのではと考えています。歯を抜かずに自然な歯並びに誘導していくこの治療方は子供たちにはとても適した方法と考えています。

一方、床矯正は取り外しが自由にできるので、歯並びを早い段階で予防的に治すことが可能となります。基本的に顎を広げる矯正なので成長期の子供に向いている治療方法です。

ただ、自由に取り外しができる点は、子供さんやお母様方の努力も重要なポイントになります。また比較的費用が安いのも大きなメリットです。他医院で100万円掛かるといわれた治療でも、当院では30万円程度で治療可能というケースもありました。

床矯正のメリットはそれだけではありません。

少し難しい話になりますが、一般的には、歯並びの治療には2種類あると言われています。
そのひとつは、バイオセラピー(生物学的機能療法)と呼ばれる、歯並びが悪くなった原因を解決すること、つまり

食事の改善
 指しゃぶりなどの悪習慣の改善
 姿勢や呼吸などの生体バランスの改善

朝ごはん 男の子

などにより、ある意味の自然治癒力では並びを治そうという考え方です。

もうひとつは、機械的に歯並びを治す治療方法で、取り外しが出来る装置だけでなく、従来型のブラケットと呼ばれる固定式装置を使った治療方法です。

当院では、取り外し、固定式にかかわらず、機械的な装置は矯正治療の補助的な手段で、最も大切なのはバイオセラピーだと考えていますので、子供達に負担の少ない床矯正治療は、このバイオセラピーを進める上でも都合の良い治療方法です。

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.